泥くさログ

思考と行動と興味のログ-evoL代表取締役倉内 雄一朗

*

ビールと発泡酒の違いって?味が違う?明確な違いとは!!

 

ビールを注ぐ

『ビール』と『発泡酒』の違いってなんだろう。

僕はビールが好きなので、飲みに行けば1杯目はもちろん2杯目以降ももビールを飲み続ける。外で飲むときはビールを飲むが、家で飲むときは安いし発泡酒もお手軽。

発泡酒よりもビールの方が美味しい気がするのだが、明確にどのような違いがあるのかは考えたことがなかった。ビールと発泡酒の明確な違いはどこにあるのか調べてみた。



ビールと発泡酒は麦芽の量が違う!?

ビールと発泡酒は一つの成分に着目すれば見分けることができるようだ。

ビールは麦芽の使用割合が約67%以上。
発泡酒は麦芽の使用割合が約67%未満。

つまりビールなのか、発泡酒なのかは麦芽の量で決まるということだ。ではよく耳にする第3のビールや第4のビールは、ビールや発泡酒とどのように違うのだろうか。

第3のビールは麦芽が使用されていないないもの。
第4のビールは発泡酒に蒸留酒が加えられたもの。

とのことだ。第3のビールでは麦芽が使用されていないらしい。第4のビールはは麦芽は発泡酒のように含まれているが、蒸留酒を含めることで第4のビールという扱いになるらしい。

まとめると、ビールと発泡酒の違いは麦芽の使用率で、第3のビールと第4のビールの違いは麦芽が入っているかいないかだ。

ビールと発泡酒はなぜ価格が違うのか

ビールと発泡酒では生産コストの差はもちろんあるそうだが、税金の差が大きく影響しているようだ。日本の酒税法では、お酒の種類で細かく税金が決められている。

ビールでは500mlの缶1本あたり110円。

発泡酒では税率が3つに別れている。
麦芽比率50%以上なら500mlの缶1本あたり110円。
麦芽比率25%以上なら500mlの缶1本あたり89円。
麦芽比率25%未満なら500mlの缶1本あたり67円。

第3のビールと第4のビールは税額は一緒で500mlの缶1本あたり40円だ。

ここで驚いたのは、ビールと麦芽比率50%以上の発泡酒の税額が一緒だということだ。そのためか、各メーカーが製造する発泡酒の麦芽比率は、ほとんど25%未満だそうだ。発泡酒として売り出せて、一番税金を安く抑えられる比率で製造しているようだ。

反対に、麦芽比率を高めてビールに味を近づけられる第4のビールでは、麦芽を50%ほど使用しているものが多いようだ。蒸留酒を加えることで税金を安く抑え、低価格で販売することができるので、我々消費者としては嬉しいことだ。

ところが、酒税はこれから変わる可能性があるそうだ。今まではビールや発泡酒などで細かく決められていた税額が、ビール、発泡酒、第3,4のビールすべて500mlの缶1本あたり一律80円ほどになるかもしれないらしい。

そうなれば、麦芽が25%未満の発泡酒、第3のビール、第4のビールは税金が高くなってしまう。ただ、ビールの税金は500mlの缶1本あたり110円から30円ほど安くなるので、価格は下がるかもしれない。

これからビールと発泡酒の価格がどうなっていくのか気になるところだ。


ビールと発泡酒の明確な違いは分かったが、実際のところみなさん飲んでみて違いはわかりますか?

 - お酒

  関連記事

osake-honoo
お酒アルコール度数ランキング!最高にアルコール度数が高い酒はなに!?

最もアルコール度数が高いお酒ってなんだろう?最高のアルコール度数は何度だろう?気 …

spirytus
世界一やばいお酒!スピリタスの飲み方とは!?

スピリタスはアルコール度数96%の世界一やばいお酒だ。そんなお酒、飲み方が分から …