泥くさログ

思考と行動と興味のログ-evoL代表取締役倉内 雄一朗

*

ITアイディア|相談したい人とアドバイザーのマッチングサイト

 

白人二人が話している

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。
目的を書いている記事は下記。
ビジネスアイディアを毎週1つ考えることでセンスを高める



きっかけ

友達に相談されたり、相談したりは誰もが経験すると思うが、知りたい分野に関して詳しい人が友達にいるとは限らない。また、「友達にはちょっと話しにくいな」と思うこともあるのではないだろうか。

インターネット上で適切な相談相手を見つけ、情報を得られたら便利ではないかと考えた。

アイディアの概要

ユーザーは大きく分けて①アドバイスする人、②相談したい人の2種類で、この2種類のユーザーをマッチングするのがこのサイトの役割だ。

アドバイスする人(以下:アドバイザー)は、自分の専門の分野(アドバイスできる分野)を明記するなどしてプロフィールを公開する。
相談したい人(以下:相談者)は、Yahoo知恵袋のように質問をサイト上に投稿しても良いし、アドバイザーを指定して相談しても良い。

アドバイザーは、相談を受けたら相談者に回答してあげるか、Yahoo知恵袋のようにサイト上に投稿してある質問に回答しても良い。

Yahoo知恵袋との違いは、3つある。
1つ目は、Facebookなどでアカウント登録してもらうことにより、実名で回答すること。
2つは目は、その人のプロフィール(専門性)を元に、回答の正確性を判断できること。
3つ目は、相談者からアドバイザーに仕事を発注できること。

3つ目の「相談者からアドバイザーに仕事を発注」とは、ランサーズやクラウドワークスのように、サイト上で仕事の発注や受注を行えるようにするということ。

実際のイメージは、サイト制作やアプリ制作に関する相談がありそうなIT系、法律や税金関係の相談がありそうな士業系、進学や塾、家庭教師に関する相談がありそうな教育系、就活や転職系など、様々な分野で仕事を受注できるのではないかと考えた。

ビジネスモデル

マネタイズは3種類だ。
1つ目は、サイト内広告。
2つ目は、相談者がアドバイザーに支払う相談料のマージン。
3つ目は、ランサーズやクラウドワークスのような、アドバイザーが仕事を受注した料金のマージンだ。


以上がアイディアの内容だ。
基本的には無料で相談を受けて、仕事の受注に繋げられるようなサービスになればいいのかなという気もするが、どうなのだろうか。もう少し深く考えてみたいと思う。

 - ビジネスアイディア

  関連記事

appleの看板広告
ITアイディア|広告主と空きスペースマッチングサイト

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。 目的を書いている記事は …

Hitch-hike-01
ITアイディア|ネットでヒッチハイク.com

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。 目的を書いている記事は …

ryokutya-kyusu
ITアイディア|自分好みのお茶を送ってくれる定期購入サービス

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。 目的を書いている記事は …

risu-taberu
ITアイディア|今日本当に食べたい料理を教えてくれるアプリ

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。目的を書いている記事は下 …

jisui-gohan
ITアイディア|自炊したご飯をシェアしてみんなで食べよう.com

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。 目的を書いている記事は …

pcdesagyo
ITアイディア|WEBで習いごとができるサービス

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。目的を書いている記事は下 …

obje-hikari
ITアイディア|誰でも簡単に芸術作品を販売できるWEBサービス

毎週1つビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。目的を書いている記事は下 …

denkyu-takusan
ビジネスアイディアを毎週1つ考えることでセンスを高める

週に1度、ビジネスアイディアを考えることを習慣にしている。 目的は、毎週1つアイ …