泥くさログ

思考と行動と興味のログ-evoL代表取締役倉内 雄一朗

*

正しい一歩を踏み出し目標に進んでいくために

 

朝日という希望の光へ

僕が会社を始めてからのことを振り返り、これからどうしていくのかを考えた。



目の前のことに追われる日々だった

起業してから、1年がたとうとしているときに、
目標に対してわずかばかりしか前進していないことに絶望した。
このペースでは100年かかってもビジョンを実現できないのではないかと感じた。
自信も、やる気も失っていた。
思い返せば、会社を立ち上げてからは右も左もわからず、
タスクに追われるような仕事の仕方をしていた。
会社をはじめたときの気持ちも、なぜ会社をはじめたのかも忘れかけていた。
とにかく目の前のことに追われていたのかもしれない。

1年ぶりに振り返ってみた

まずは、「なぜ会社をはじめたのか」や「会社をはじめたころの気持ち」を思い出す
ために、起業する前に書いた、やりたいことリストや60歳までの計画、
ミッションステートメント、会社のビジョン・ミッション・コンセプトを
見返してみた。
それらには、自信とやる気に満ちあふれ、ビジョンを実現しようという意思や決意が
あった。
スタートアップした僕にはそれしかないとわかっていたはずなのに、
今の僕からそれはなくなりかけている。
ちなみにミッションステートメントは、世界的にもベストセラーとなっている
「7つの習慣」という本を読んで書いていた。
ミッションステートメントとは簡単に言うと自分の行動の指針になるもの、
自分のためにある憲法のようなもの。

目的地に到達するためには

紙の地図を使って目的地に向かうとしたら、
自分の現在地を知り、目的地を確認して、道順を決め、コンパスに従って、
進んで行くことが必要だ。
人生に置き換えるなら、
現在地を知ることは、自分自身に問いかけこれまでを振り返り自分自身を知ること、
目的地を確認することは、夢や目標、やりたいことを確認すること、
道順を決めることは、夢や目標までの計画をたてること、
コンパスに従うとは、自分のポリシー(僕の場合はミッションステートメント)に
従うこと、そして行動に落とし込み、自分をマネージメントして
日々生きていくことが、進むことだ。

目的地を忘れ迷いさまよい歩いていることに気づく

気づけば僕はすべてをないがしろにしてしまっていた。
自分の現在地を確認することもなく、目的地がどこかを忘れ、
失った道を探すことに集中し、
コンパスは古くなって間違った方向を指しているのに使い続け、
とりあえずは歩くことで気を紛らわせていた。

「やりたい」から「やらなければならない」に

理由があるから人は行動するはず。
「やらなければならない」か「やりたい」なら後者の方が楽しいはず。
僕には目標があって、僕には好きなITという分野があって、僕には一緒に
働きたい仲間がいて、僕は起業した。
とにかくやりたいからはじめた。
やりたいからやっていたのに、僕は道に迷うことで、正しい道に戻らなければ
いけないと焦り、どこかに正しい道があるはずだとさまよいはじめた。
「やりたい」から「やらなければいけない」になり、「やらなければいけない」
ことも、本当にやらなければいけないことかも考えず、「とりあえずやる」に
なってしまっていたのかも。
たとえ道を間違えて迷ったとしても、目的地を確認し、もう一度道順を決め直し、
正し方向に進めば目的地に到達できるのに、パニックになっていた。

もう一度考え直したらやっぱり自分はやりたいことをやっていた

自分自身のやりたいことリストや60歳までの計画、ミッションステートメントを
考え直してみた。
色々なことを考えたり、周りの人に自分のことを聞いたりしてすべてを書き直した。
書き直した内容は、少し変化もあったが大筋では変わらなかった。
やっぱりいま僕はやりたいことをやっていた。
自分が生涯をかけて成し遂げたいと考えていたことは、
変わらないばかりか、成し遂げたいという気持ちは強くなった。
60歳までの計画は、目標までは少し回り道したが、少しの計画の変更で目標までには
まだまだ余裕で間に合うと感じた。
ミッションステートメントは、僕にとってより素晴らしいものができた。
これらのことをすべて書き直したことで、「やりたい」と思えるポジティブな
気持ちになったし、このメンタル状態をキープできれば、もっと成長し目標に
到達できるようなるはずだと感じた。

自分のメンタルをメンテナンスし最高のコンディションで毎日を生きる

このブログは、コンディションを整える目的で始めることにした。
初心を思い出し、自分自身に問いかけ、自分自身を振り返り、改善すべきことを考え、
ビジョンを再確認・再構築して、これからすべきことを洗い出し、計画をたて、
行動するまでの準備をする。
それらのことを日々続けていけば、コンディションを整えられ、仕事において
良いパフォーマンスを発揮できるはず。
なのでこのブログは毎日更新したいと考えている。
自分だけの日記ではなくブログにしたのは、しょぼしょぼの僕のような
体験や考えでも、公開することで誰かの役にたてるのではないかと考えたから。
見る人がいるかはわからないが、公開している方が自分にとってもプレッシャーに
なるのでいいのかなと。

飛躍の一歩を踏み出す

これから僕は、心を入れ替え新たな気持ちで挑んでいく。
希望を持ち、やる気と自信に満ちあふれ、爆速で目標に向かって進んでいく。
このブログを見ている方には、僕の成長や様々なことを成し遂げるところを
お見せできると思います。

 - 思考

  関連記事

a1180_003548_m
情熱が爆発するWEBサービスの開発を

死ぬ覚悟で 自分のビジョンを実現できるサービスを 僕には実現したい世界がある。 …

mottosakihe
「ノミとコップの話」自分の限界を決めずにもっと先へ

人は生まれてから死ぬまでに「負け・失敗・挫折」を何度も経験する。その中で知らず知 …

umifukei
情熱を持って、でも静かな心で淡々とすべきことを

ミッションステートメントへの追加 僕に必要なことがあることに気づいたので、ミッシ …

hitotsu-hitotsu
1つ1つを大事に大切にし、深く考え、本気で向き合う

原点に戻ってみる ミッションステートメントに立ち帰って考えてみる。 僕のミッショ …

atamakakaeru
後悔する失敗をしないためにすべき3つのことを考えた

僕は未熟な人間なので、間違いを犯してしまうことが多い。 失敗して後悔しても、その …

1kagetsu-akatyan
ブログを1ヶ月毎日書き続けてみて

ブログを1ヶ月毎日書き続けてみての感想を記録しておく。 振り返りをしてみる まず …

IMG_3274
夢を実現していくために質の高い10,000時間を積み重ねる

ある分野で成功を収めるために最低限必要な時間が10,000時間 マルコム・グラッ …

kokai-suwarikomu
失敗から多くのことを学ぶことで成功のもとを最大化

日々の生活には、人として、ビジネスマンとして、スタートアップに関わる者として 成 …

kaidan01
「大事の前の小事」で目標に向かってバランス良く

意味 下記の2つの意味がある。 ・大きなことを成し遂げるには、小さなことの積み重 …

die01
死を意識することで自分にとって最高の人生にする

人間は死を意識することでよりよい人生を生きられる のではないだろうか。 「どのよ …