泥くさログ

思考と行動と興味のログ-evoL代表取締役倉内 雄一朗

*

1つ1つを大事に大切にし、深く考え、本気で向き合う

 

小さい子供の1歩

原点に戻ってみる

ミッションステートメントに立ち帰って考えてみる。
僕のミッションステートメントが書いてある記事は下記。
[常に本当の自分でいるために]
ミッションステートメントの中にこの一文がある。
—————————————————————–
1つの行動、1つの仕事、1つの出来事、1つの場所、1つの機会など、1つ1つを大事に
大切にし、まじめすぎる程に深く考え、真摯に本気で向き合い取り組む。
—————————————————————–
このことが近々自分にとって特に大事になりそうなので考えてみる。

ミッションステートメントに背いていないか

ミッションステートメントにある上記のことを忠実に守れているのか、ということを
僕自身に問いかけるとしたら、極端に言ったらこの様に問いかけなければならない。
「朝起きて、なにをすべきか考えてからトイレに行っているのか?」
「トイレに行っている間ぼーっとしていないか、何を考えるべきか考えて思考しているか?」
「トイレで用を済ませるときに本気で用を済ませているか?」
「トイレで用を済ませ終える前に、次になにをすべきか考えているか?」
「自分のトイレをすべてのトイレの中で最も良い環境にしているか?」
冗談ではなく、この様な問いかけにすべてきちんと答えられなければ、
僕はミッションステートメントに背いていることになる。
振り返ってみたら背いていることに気づいた。

もっともっと突き詰めなければならない

「その一瞬の1つの行動に意味はあるのか。」
「考えてその行動をしているのか。」
「その仕事に対して深く考えすぎるほど考えているのか。」
「1つの貴重な機会を無駄にはしていないか。」
一つ一つことを突き詰めて考えなければならない。
ぼっーとしている暇はないはずだ。無駄をなくしていかなければならない。
思考のない行動をなくしていかなければならない。
なにも考えずにしたことに比べて、考えてすることには、結果が同じでも
何倍もの価値があるはずだ。
感覚的なことも大事だが、その部分をなるべく論理的に落とし込み考えていくことが
必要なはずだ。
とにかく1つ1つに対して深く向き合うこと。

現実で起こることは元には戻せない

良くも悪くも、現実で起こったことは過去のことになり、もう一度味わったり、
修正したりすることはできない。
だが、そのことに対して思考していれば、思考に対するフィードバックが現実からあり、
学びを得ることができる。
現実からのフィードバックがポジティブなものであれば、思考が正しいという確率が上がり、
間違っていれば思考が間違っている確率が上がるので、修正したりすることができる。
思考していなければ、現実しか残らず、自分に対するフィードバックは得られない。
思考するべきだということしか学びが得られない。

目に見えないものこそ大事な経験

結果がはっきり現れる現実からのフィードバックがあれば、
目に見える形で、成功または失敗の経験を得ることが出来る。
でももっと大事な経験は、成功または失敗に至った過程での経験で、
さらにもっと大事なのは、成功または失敗に至った過程から思考の仕方を
修正した経験だと思う。
思考が始まりで、試行錯誤の道のりがあって、行き着く先が成功または失敗という結果だ。
結果からフィードバックを得て、それをもとに思考が正しいのか間違っているのかを判断し、
正しそうでも間違っていても、深く考え改善していくことが最も重要なことだと思う。
思考の改善の道のりこそが大事な経験なのではないか。

もれなく1つ1つに着目して

思考しないある1つのことは、思考を完成させていくという姿勢からすると
全く無駄なものになる。
結果に対する他の人からのフィードバックがあったとしても、
思考の改善には繋がらない。
このように思考した方がいいかもしれないという改善案しか出てこない。
ところが思考していれば、他の人からのフィードバックがあった場合に、
自分の思考に対してのフィードバックが得られるので、その思考の正確性に確信が持てたり、
改善したりすることができる。
とにかく、もれなく1つ1つのことを思考し、もれなくフィードバックを得て、
改善していくことが大事だ。

もっと振り返り改善し記録していかなくては

振り返らなければ、改善できない。
このブログは今回のように立ち返ったり、振り返ったり、思考行動を記録していくのが
目的なのだから、これからもっと記録していけるようにしようと思う。
ブログで書きたいことを書き溜めているのだが、記事を書くスピードよりも遥かに
速いスピードで増えていくので、日々の行動や思考は溜まっていくばかりだ。
1日3記事とか書くのはまだ大変なので、せめてevernoteに
たくさん記録しておこうと思う。

 - 思考

  関連記事

kaidan01
「大事の前の小事」で目標に向かってバランス良く

意味 下記の2つの意味がある。 ・大きなことを成し遂げるには、小さなことの積み重 …

umifukei
情熱を持って、でも静かな心で淡々とすべきことを

ミッションステートメントへの追加 僕に必要なことがあることに気づいたので、ミッシ …

a1180_003548_m
情熱が爆発するWEBサービスの開発を

死ぬ覚悟で 自分のビジョンを実現できるサービスを 僕には実現したい世界がある。 …

IMG_3274
夢を実現していくために質の高い10,000時間を積み重ねる

ある分野で成功を収めるために最低限必要な時間が10,000時間 マルコム・グラッ …

die01
死を意識することで自分にとって最高の人生にする

人間は死を意識することでよりよい人生を生きられる のではないだろうか。 「どのよ …

kokai-suwarikomu
失敗から多くのことを学ぶことで成功のもとを最大化

日々の生活には、人として、ビジネスマンとして、スタートアップに関わる者として 成 …

amefuto01
「悔しくて泣けるほど真剣に取り組む」ことを弟のアメフトの試合を観戦して考えた

弟のアメフトの試合を観て考えさせられた。 僕自身も仕事に対して「悔しくて泣けるほ …

1kagetsu-akatyan
ブログを1ヶ月毎日書き続けてみて

ブログを1ヶ月毎日書き続けてみての感想を記録しておく。 振り返りをしてみる まず …

atamakakaeru
後悔する失敗をしないためにすべき3つのことを考えた

僕は未熟な人間なので、間違いを犯してしまうことが多い。 失敗して後悔しても、その …

mottosakihe
「ノミとコップの話」自分の限界を決めずにもっと先へ

人は生まれてから死ぬまでに「負け・失敗・挫折」を何度も経験する。その中で知らず知 …